GREEN&HOUSE LIFESTYLE

埼玉県秩父市 M様

比企郡嵐山町に新築されたK様のお宅をご紹介いたします。
「キッチンに立って家族を眺めるのが好き。」とおっしゃる奥様。雑貨好きの奥様が叶えた夢の家づくりをご覧ください。


 

ご友人やご両親の感想は?【音声ファイル】

 

「着工を待つ時間は長かったですか?」【音声ファイル】

 

「G&Hの社長が建築をやっている方なので・・」【音声ファイル】

 

「建てる期間は現場を見ましたか?」【音声ファイル】

 

「現場でたくさんアイデアをもらいました。」【音声ファイル】

 

「住み心地はどうですか?」【音声ファイル】

 

永遠に完成させたくない家づくり

G&Hとの出会いは、知人が自宅で開催したワンデイショップに立ち寄った時のことでした。以前、奥様はG&Hのモデルハウスにたまたま通りかかり、こういう家がいいなと思っていました。知人宅もG&Hの家だと知ったことがきっかけで、お二人でG&Hの見学会に通うようになりました。

それからお二人は色々なハウスメーカーの展示会にも通い、家づくりを勉強されました。結局、大手メーカーとG&Hどちらにするかで悩みましたが、「後悔しない家づくりってなんだろう」とお二人で話し合った結果、G&Hに決めたそうです。

ただ、土地が先に決まっていたこともあり、G&Hは数年待ちというのがネックでした。たまたまキャンセルが出て早めに着工できそうという話を頂いたので、G&Hにお願いすることに決めました。

誰もが驚く玄関

M様邸でまず驚かされるのは、玄関ドアを開いた途端に広がる、こだわりの造形です。
「G&Hで家を建てるなら、造形やらなきゃダメだろうというくらいの気持ちがあった」とM様はおっしゃいます。
実は、造形をする前に、ディズニーシーに行って造形の写真を撮り、熟考されたそうです。「玄関入ったら曲線があるのがおもしろいなと思って、それが階段になっていて、その下が収納で、扉も曲線。」という、お二人の難しいイメージをG&Hはみごと形にしました。こだわりの玄関の造形は訪れる人全てを驚かせます。

市役所の固定資産税課の方は、M様邸に訪れた時、初めて目にするお城のような玄関の造形に戸惑い、課税の仕方が分からないと写真を撮って職場に持ち帰られたそうです(笑)

「玄関で帰っちゃう人もいるので、玄関でびっくりさせたかった。普通の家じゃないんだよって。」とおっしゃるM様。大成功ですね!

現場で変更してくれました

家の外壁の色もこだわりにこだわった色です。M様は、2色まで候補を絞り込み、悩みに悩んでこの色にと決定しました。
しかし、塗装の当日、現場に立ち会ったM様は、さあ今から塗装しようという直前に
「やっぱりこっちの色に変えたいと思っちゃって、こっちの色に変更をお願いしたんです。すでに塗料をといた後だったから、現場は大混乱(笑)」
社長も「しょうがない。そこまで言うなら変えましょう。」って対応してくれました(笑)

「変更して本当に良かったです。かっこよくなりました。無理言って皆さんには申し訳なかったですけど、よかったですね。」とM様は大満足です。

M様は毎日のように建築中の現場に足を運びました。
「職人さんとも常にお話をして、私の質問に職人さんはすごく丁寧に教えてくれました。」
「家をつくる時も楽しみながら待っていたという感じですね。愛着が湧き、どんどんこの家が好きになっていきました。」

G&Hさんとずっと一緒に・・

ダイニングテーブルと椅子は、以前から使っていたものをご主人がリメイクされたものです。塗料を剥がして白いペンキで塗り、座面はパイン材の集積材に変えました。見事な出来栄えです。

今では木工が趣味で、これからガーデニングも始めたいし、後々、造形の部分も自分で色を変えたりしたいそうです。

「家をつくる仕事の方と初めてお話させてもらい、現場を見せてもらって、憧れみたいなのを抱いちゃいましたね。造り上げていく仕事っていいなって。自分の仕事はそうじゃないんで。家を造る仕事っていいなあって。」とおっしゃるM様。

「この家は、どんどん興味が湧いてくる家だなと思います。なるべくだったら、永遠に完成させたくないって思います。常に進化していきたいです。」

「G&Hさんもどんどん進化していっているので、自分も一緒に、家づくりに対していつも新鮮な気持ちで、知識もどんどん蓄えていきたいです。

これからもG&Hさんと一緒になって過ごせていけたらいいなって思いますよね。」

M様、熱い言葉をありがとうございました!
M様の家づくりに対する情熱はまだまだ止みません。

*撮影・取材:comjapan