GREEN&HOUSE LIFESTYLE

埼玉県熊谷市 O様

白を基調にしたシンプルなインテリアの中にビビットな色使いが映えるセンスあふれるお住まい。
オープンな空間はすべて漆喰にしました。暖かく体にやさしい、猫も喜ぶ快適な家づくりをご覧下さい。


待っていた2年の間通った見学会【音声ファイル】

建てていくうちに「ここにこんなの(2階本棚)あったらいいね」って言ったら形にしてくれました。【音声ファイル】

 

もともと家を建てる計画がなかったO様。
偶然にも、実家の隣の土地(古家あり)が売りに出たため、それを購入したことから家づくりがはじまりました。

すぐにでも家を建てたかったO様ご夫婦。最初は大手ハウスメーカーをいくつもまわっていたそうです。そんな中、たまたまG&Hで家を新築したご友人宅に行かれたとのこと。これがG&Hとの出会いのきっかけでした。

ご夫婦は、その家を大変気に入り、なんと翌日にはアポイントも取らずにG&Hへ契約をしようと出かけたそうです。
しかし、ちょうどその日はG&Hの定休日だったとか(笑)

「もともと輸入住宅を建てたいと思っていました。フランスみたいな感じが好きだったんです。モデルハウスとはテイストは違っていたけど、建てる気満々でした。G&Hさんは何でもできると聞いていたので。
でも、ここからが問題。2年待ちなんですよ(笑)」

今まで住んでいた借り住まいの方は契約がきれるので、着工までの2年間住む場所がありません。買った土地に残されていた鉄筋コンクリート築40年の壊れかけた家に住むしかありませんでした。窓もサッシも壊れていましたが、半年かけて、自分たちでリフォームして住める状態にしました。

「今思えば、自分たちでリフォームした家に住んだのも楽しい経験でした。何をやってもいい空間。壊してもいい。G&Hさんがやっていることをまねして、壁に漆喰やペンキを自分でもぬってみたりしました。自分でやってみると、G&Hさんがやっていることがどれだけ難しいことかわかりました。」

しかし、この家がまるで鍾乳洞のように暗くて寒かったそうです。

「前はそんな家だったんで体に優しい家にしたかったんです。この家のオープン空間は漆喰にしました。子供部屋まで全て。」

初めてすごす冬はとても暖かかったそうです。
「一番初めの要望は南側に窓を開けて欲しいでした(笑)今は快適すぎてびっくりしちゃう。」とご夫婦の喜びの声でした。

喜んでいるのは、人間だけではありません。
O様ご一家は高齢の猫ちゃんと一緒にお住まいになっています。
「猫が一番喜んでいるのではないかな。一番日当たりのいいところを知ってます。あいつは幸せそうです。アパート何回も引っ越しているけど、寒い家ばかり。今はあったかいし、幸せでしょうね。」

O様、撮影、インタビュー取材のご協力、本当にありがとうございました!

*撮影・取材:comjapan