GREEN&HOUSE LIFESTYLE

埼玉県秩父郡横瀬町 M様

2011年に横瀬町で新築されたM様邸。将来的にご自宅の横にカフェを作りたいという夢をお持ちのご夫婦です。
ご自宅の外観も内装もまるでカフェのよう。誰もが入りたくなる家をご紹介します。


 

G&Hに熱くなる理由 【音声ファイル】

 

G&Hには営業マンがいない 【音声ファイル】

 

はじめはデザインから入りましたが… 【音声ファイル】

 

Green & Houseに恋をしました。

実は、M様はG&Hに建築を依頼される前に、他の業者さんと、契約書に印鑑を押す寸前まで話が進んでいたそうです。

夢を抱いての家造り。おぼろげな夢はたくさんありますが、どうしたいかと聞かれると実際わからない。それを引き出し、具体化してくれるのが工務店だと思っていたそうです。

ところが、一所懸命ではあったものの、一方的に間取りや仕様の要望を聞いてくるばかりの打ち合わせにだんだんとストレスを感じるようになり、その会社で契約することを思い止まる決心をしました。

G&Hのモデルハウスには以前に一度行ったことがあったそうです。
その時には2年待ちと聞き、一度はあきらめたM様。
しかし、そこで改めて頭に思い浮かんだのがG&Hでした。

再度、G&Hに連絡し、モデルハウスでもある社長の自宅を訪問。
ご主人はすがる思いで「楽しい家造りができますか?」と尋ねたそうです。

社長は「はい。できます。」と。自信あふれる返答に、お二人は、G&Hで家を建てることを決意されました。

予約から着工までの2年の間も、見学会に足繁く通い、自分たちの家のイメージを膨らませるうちに過ぎていきました。
G&Hのホームページや社長のブログを隅々まで読み、G&Hのスタッフたちと接するうちに、気がつけば「GREEN & HOUSEに恋をした」そうです。

自分たちのイメージを社長に「1」伝えると「10」も「12」にもわかってくれる。それを実現してくれる。まさに自分たちの理想とする “わくわく感あふれる家造り” ができたと大満足のお二人でした。

こだわりのゲート運命的な出会い

後でわかったことですが、街で見かける「あの家かわいい!」と気になっていた家すべてがG&Hの建てたものだったそうです。G&Hとは出会うべくして出会ったのですね。

M様邸の外観で印象的なのが、家の形をした小さなゲートです。
これは、奥様のこだわりのゲートで、旦那様が奥様のイメージをスケッチにおこし、G&Hの社長に見せて実現してもらいました。

このゲートと家との間には、スペースを残しています。そこに将来カフェを造る予定です。このゲートをくぐって(ちょっと小さいかな?)、カフェに入ってもらいたい。
Dream Come True!M様の夢は必ず叶うと信じています。

M様、撮影、インタビュー取材のご協力、本当にありがとうございました!

*撮影・取材:comjapan