個性的な家が多いようですが、G&Hでは、アーリーアメリカンやジョージアンスタイルなどといったオーソドックスな輸入住宅はできないのですか?

Answer

 

木造輸入住宅である限り、他社にできて当社にできない建物はありません。

もちろん、それは、「価格」を含んでの話です。
いくら同じものができると言っても、100万円UPというのでは、それは「できる」ことにならないと思っておりますので…。

デザインに関しても、全く問題ありません。
もともと輸入住宅の基本的なスタイルというものは、米国ではホームセンターなどで数千、数万というプラン図面集が売られているほどのもので、特別なものではないからです。


*白を基調としたシンプルな施工例(熊谷市内)

 

G&Hの家が個性的なのは、一般的な考え方で「それらしく造る」という程度の家づくりで納得したくないからです。

全体としての住み心地はもちろんのこと、雑な仕上がりを「ラフな仕上がり」といったり、建具の隙間や、開閉の不具合を、「あじわい」と言い換えたりしたくないのです。
だからこそ、独自の技術力で、シャビーやラスティックといった人気のテイストまでも「アンティーク家具専門店」でもできない領域までに極めているのです。