≪ZEHとは≫

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)※経済産業省の定義
外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅。

簡単に説明すると、以下の3つのポイントを組み合わせ、住宅で消費するエネルギー収支をゼロ、またはプラスにする住まいを実現するというものです。

1.断熱・・・高い断熱性能を保持する断熱材や窓を使用して建築することでエネルギー消費を抑える。
2.省エネ・・・LED照明や高効率エアコン、熱交換型の換気システムや高効率給湯器を利用し消費を抑える。
3.創エネ・・・太陽光発電やエネファームなどでエネルギーを創る。

グリーンアンドハウスでは、創業時から取り組んできた高断熱・高気密住宅を、より一層強化し、ZEHの普及拡大に取り組んで参ります。

【1】ZEHの調和・普及に向けた具体策

2020年に新築する住宅の過半数がZEH仕様になることを打合せ段階でお客様にお伝えすることを努める。
見学会でお客様を案内する際・HP・チラシ等の告知を行うことで周知・普及に努めたいと考えています。
【2】ZEHのコストダウンに向けた展開案

取引先とも協議を行い、ZEHのモデルプランを規格化、標準仕様を作成し、集中発注することによりコストダウンを計ります。

【3】その他の取組みなど

自然エネルギーを生かす省エネルギー化を念頭に置きプランを作成し、ランニングコストも抑えるための設備等をお客様に提案します。

グリーンアンドハウスの今後のZEH建築目標

≪ZEH 注文住宅受託率≫

平成28年度目標 8%

平成29年度目標16%

平成30年度目標24%

平成31年度目標32%

平成32年度目標50%