GREEN&HOUSE LIFESTYLE

埼玉県美里町 K様

勾配のある三角屋根が可愛いプロバンス風カントリーハウス。
雑貨屋巡りやネットで探したお気に入りの品々を、バランス良くお洒落に飾っています。
まだまだ棚を増やして、もっと雑貨を飾りたいと奥様は意欲的です。

壁面造作だけが売りじゃない、G&Hらしい精度の高い手づくり造作工事がいっぱいのK様邸をご覧ください。


 

勾配のある三角屋根の家が理想でした

住宅雑誌をご覧になるのが好きな奥様は、理想とする家のイメージが既に固まっていました。

目指したのは、『プロバンス風のかわいいカントリーっぽい家』。

キッチンと洗面は可愛らしい造作。
そして、一番こだわったのは「勾配のある三角屋根の家」という外観のカタチだったそうです。

そんな理想を抱きながら、
はじめは大手ハウスメーカーの展示場に行き、要望を伝えてプランを出してもらったこともあったそうです。

でも現実は厳しかったようで、
「室内をクロスじゃなくて塗り壁にしたいとか、床を無垢材にしたいとか言うと基本価格ではできないから、追加料金で・・・。
キッチンの造作は、また別でという感じだったので、ハウスメーカーで自分の好みの家を建てるのは難しいと思いました。」
と当時を振り返るK様ご夫婦。

K様はハウスメーカーをあきらめて、工務店を探すことになったそうです。

「それからネットで見つけた工務店さんをいくつも回りました。その中にG&Hさんもあったのですが、当時で2年待ちということだったので、あきらめて他のプロバンス系の工務店さんを検討していました。」

それでもG&Hに戻って決めた理由をお聞きすると、
「街で何気なく見かける『あっ、あの家良いな』と思う家は、なぜか、偶然にも全てG&Hさんの家だったんです。それに、家を建てようと考え始めてから既に2年近く経とうとしていたので、どうせなら・・・ということで」
と優しい笑顔で答えるK様。

明確な理想を叶えるために最後にたどり着いたのはG&Hだったのだそうです。

Q&A

 

間取りはどのように決めたのですか?

「社長さんには、外観のカタチにこだわっていることを伝えていたので、それならば、こんな感じしかないって言う感じで提案していただきました。でも、さすがにプロ。すごく使いやすいし、とても気に入っています。」

壁面造形は好みではなかったのですか?

「見学会に足を運ぶ中で、壁面造形もいいなと思いましたが、最初に自分が思い描いていた家のイメージを大事にして、やはりシンプルを貫きました。」

「雑貨とかをいろいろと飾るのが好きなので、雑貨が引き立つシンプルな感じにしたかったんです。」

「それに、シンプルにしておけば、汚れてきた時でも飽きちゃった時でも変えてもらうことができるし、子供が大きくなってちょっと変えてみようかなって思ったら、G&Hさんならやってくれるとも思ったので・・・。」

打ち合わせでは、どのように好みを伝えたのですか?

「雑誌の切り抜きとかを持ってきて、『ここはこういうのを入れたい』というのはあったんですけど、後は、ほとんど社長さんに任せれば間違いないって思っていました。」

「見学会にもいっぱい参加させてもらえて、施工例を沢山見て、『ここは誰々さんちみたいな雰囲気で…。』と言えばわかってもらえるので、伝えやすかったです」

お気に入りの雑貨が似合う三角屋根の家。
友達が遊びに来ると「カフェみたい!ここでお店開けば」なんて言われることもあるそうです。

こんな素敵な家なら、皆さんの憧れの的ですね。

K様、撮影、インタビュー取材のご協力、本当にありがとうございました!

*撮影・取材:comjapan