GREEN&HOUSE LIFESTYLE

埼玉県深谷市 I様

広い敷地に佇む美しい邸宅

自宅兼事務所併用で希望したガレージハウスを実現

 


 

広い敷地の真ん中の門から正面に見える堂々とした佇まい。

バランスのとれたシルエットが美しいガレージのある家は、まさに邸宅といった趣。

それが今回ご紹介するIさんのお住まいです。

 

見かけた素敵な住まいを本でも見た
「これはお願いする運命にあったんだな」

Iさんは当時、以前の住まいの近くで建てていた家が素敵だなと気になっていました。

「G&Hさんを知ったきっかけは、散歩していたら見かけた建築中の家。立派な家が出来るなと気になって、完成した家を見てすごくいい家だなと思いました。その時はまだ、G&Hという名前は知らなかったんです。そして、家を建てたいとなったある時、書店で『ガレージのある家』という本をみたら、なんとその家が載っていたんです。見てみたらとてもいい感じだし、会社名をみたらG&Hさんだと。それで問い合わせたのが最初です。それから、その家を見学させてもらって、とても丁寧につくられているということが実際にわかって、私たちもお願いすることにしました」。

偶然見て気になった家を、後日、本でまた見かけるなんて「これはもう、お願いする運命にあったんだなと思いました」とIさんは当時を振り返ってくれました。

 


 

こだわったのはガレージハウス
さらに、事務所併用でシンプルな住まいを希望

車は元々好きなので、3台分停められるガレージのある家が理想でした。

以前の住まいは和風なので今度の家は洋風にして、シンプルな住まいを希望されたそうです。

「着工まで2年待ちということもあって、その間にいろいろ見せてもらったのでG&Hさんの特徴は分っていましたし、希望したガレージも得意だというので何も心配していませんでした。申し込んでから1年後くらだっと思いますが、仕事先で見かけたイタリアンの店舗を兼ねたお洒落なお住まいを見かけて、こういうのがいいなと思いました。それをベースに、住居、ガレージ3台分、事務所と決めていきました。室内については、全体的にはシンプルな感じを希望しました。また、リビング・ダイニング上の吹き抜けの中央を通る「つり橋」は、非常に印象的で面白くていいなと思いました」。


現場を見て丁寧にじっくりつくってもらっていると実感
こだわりを叶えた思い入れと個性のある住まいが完成

Iさんは建築現場を見て、「現場は、出来る限り足を運んだのですが、施工が非常に丁寧で図面を確認ながらじっくりつくってもらっているのを感じました。ひとつひとつ本当に手づくりなんだなというのが伝わってきましたね」という感想を持ったそうです。

室内の吹き抜けのアールは社長による提案。Iさんが思いいれのあるというダイニングは、床にタイルを、腰壁に板張りを採用しています。キッチンの色味は夫人の要望が反映されています。玄関のグリーンのタイルも要望したものです。カリモクのグリーンのソファが映える開放的なLDKなど、いろいろ決めることが多くて大変だけど楽しい家づくりだったそうです。

夫人も「夫にとって自分の想い通りの家になって最高じゃないですか」と話してくれました。「G&Hさんの家は、個性的でどの家もいいですね。同じ家が1軒もない、だからこそあらゆる要望を受け入れてもらえるのではないでしょうか」とIさん。

 


 

冬の住み心地は、暖かく快適
高気密・高断熱の住まいを実感

住み心地ですが、高気密・高断熱の住まいを実感したというIさん。

「冬は想像を超えるくらいの高気密・高断熱なんだなと感じました。エアコン1台とアンティーク調のストーブで、室内の扉を開けておいても全体があたたまります。寝室も暖房必要ありませんでした。外の寒さに気がつかず、薄着で外出しそうになったくらいです。

以前の住まいでは浴室が他の部屋と温度差があって寒くて、ちょっと行くのが嫌だなということがあったのですが、この家ではそんなことがなく快適です。以前の住まいより広くなったのに、光熱費はだいぶ抑えられています。朝起きても、室内は暖かいままで快適です」。

 


 

これから家を建てる方へ
「とにかく実際に見てみれば分ると思います」

自分思い入れを反映していただいたので、「ここをこうしておけば」というのがない大満足の家だというIさん。

最後に、これから家を建てる人へのメッセージとして

「とにかくいい家を建ててもらったと実感しています。来ていただければ私たちも何でもお話しますし、とにかく実際に見ていだければ分ると思いますよ」という嬉しい言葉を頂戴しました。

 

撮影、インタビュー取材のご協力、本当にありがとうございました!

*撮影・取材:comjapan