GREEN&HOUSE LIFESTYLE

埼玉県さいたま市 S様

外観はイギリスの農家のイメージ。
内観はニューヨークのアパートメントのイメージ。
アートセンスあふれるご夫婦の家づくりをご覧ください。


 

住宅総合展示場の見学はもちろん、モデルハウスの宿泊体験などにも参加され、色々と建築会社の情報を得ていたS様。

そんなご夫婦がG&Hの見学会に参加され、わずか2回目で予約申し込みをされました。

特にモルタル造形を望んでいたわけでもなく、モデルハウスを見学されることなく申し込みをされたというのですから驚きです。


 

磨かれていた選択眼

G&Hを選んだ決め手は、ホームページや雑誌を見て、「自分たちのこだわりを再現できるセンスと技術力がある」と思ったからだそうです。

ご主人は以前、デザインアート系のお仕事をされていました。奥様との出逢いも、絵がきっかけだったそうです。
そんなご夫婦ですから、こだわりが強く、建築業者がそのこだわりを実現できる能力があるか否かを見抜ける眼力があったのでしょう。


 

ご夫婦の趣味は旅行とアウトドア。
お二人で培ってきたセンスが家づくりにも見事に反映されています。

ご主人が製作中の青と赤の2枚の絵がさりげなく廊下に置かれ、まるでNYのSOHO地区にあるアパートメントのような雰囲気に。
レンガと黒い建具の内装の引き締まったビンテージ感が、旅先の海外で購入した調度品の数々をひき立てています。
(寝室の天井の梁と2階踊り場の床のダメージ加工はご夫婦で施工されたそうです)

綺麗な芝の庭にバーベキュースペース。黒いレンガ塗装で仕上げた門柱とお揃いのモルタル造形外水道。ラフで堅牢で長く使えるというアウトドアライフのイメージが感じられます。
今後はさらに庭に小屋をつくる予定だとのこと。

愛情を注がれ、時と共に美しく育つ家。
まさに輸入住宅の本質が伝わる家づくりでした。

 

S様、撮影、インタビュー取材のご協力、本当にありがとうございました!

*撮影・取材:comjapan