GREEN&HOUSE LIFESTYLE

埼玉県さいたま市 A様

淡い風合いのモルタル造形で仕上げた外観に、
外部、内部ともにシャビーテイストで仕上げたミントグリーンのアクセントが可愛らしいA様邸。

奥様は絵本やイラストを書くお仕事をされているだけに、
微妙な色合いにも徹底的にこだわり、理想の家づくりを実現されました。

ぜひ、ご覧ください。

 


 

いつかは一軒家に住みたいと考えていたA様ご夫妻。

近くの住宅総合展示場を見学しているうちに、その想いは、より一層強くなってきました。

インターネットで情報を集めてみると、自分たちの好みに合うキーワードが「輸入住宅」や「無垢」であるとわかり、いろいろ調べるうちにG&Hにたどり着いたのだそうです。

クオリティーが決め手

G&Hのモデルハウスを最初に見学するまでに、他の輸入住宅の見学会にも参加されたA様。
しかし、実際に見てみると自分たちの好みとは違い、案内チラシの写真とはクオリティーも違うものばかりだったそうです。

そのような経験をしただけに、G&Hのモデルハウスを見学したときには、モルタル造形だけでなく、扉や他のパーツのひとつひとつの仕上がりに感動し、テンションが上がってしまったとか。

「実のところ、モルタル造形は自分たちの生活シーンには合わないかな?と最初は思っていたのです。でも、実物を見るとクオリティーが凄かった。他にも、これ素敵!というポイントがいっぱいあったので、きっと自分たち仕様でも良いものを造ってくれるだろうと思いました。」とA様は語ってくれました。

もうひとつの決め手

建築依頼先を決める際、他の会社との違いを一番感じたのが見学会の雰囲気だったそうです。

見学会に参加してみると、G&HのTシャツを着ている人に「この会社は間違いないですよ」と薦められたA様。
最初はスタッフさんなのかと思って話を聞いていたところ、よくよく聞いてみると、実は、見学会に遊びにこられていたオーナーさん達だと知り、驚かれたそうです。

建てた人の満足度が高く、会社もとてもオープンな感じがして、安心して家づくりを任せられると確信されたそうです。

 

オーナー様インタビュー音声

外壁のモルタル造形の仕上がりが、奥様が想像したいたイメージよりハードな感じになってしまったそうで、少し手直しをしてもらいたいと思ったそうです。
しかし、プロ意識の高い職人が一所懸命に仕事をしていた姿を見ていただけに、ご夫婦は、しばらくそのことを伝えられなくて悩まれていました。
そんな時、仲良くなったオーナー様から「家づくりどぉ?」と連絡があり、相談したら…。

 

こんなエピソードも(言い出せないことを、オーナーさんに相談したら)【音声ファイル】

 

「ひとつひとつに想い出がつまった家づくりでした」【音声ファイル】

 

 

A様、撮影、インタビュー取材のご協力、本当にありがとうございました!

*撮影・取材:comjapan